坂口涼太郎はひょっこりはん似の髪型でクセメン度倍増!

男優

個性的な顔立ちと独創的な演技で「クセメン」(クセの強い)俳優として注目されている坂口 涼太郎さんは、ひょっこりはんと似ていますよね。おかっぱ風の髪型にしているのはなぜなのでしょう? 本人は、おかっぱ風の髪型が気に入ってるようですよ!

今回は、「坂口涼太郎はひょっこりはん似の髪型でクセメン度倍増!」と題して紹介します。

スポンサーリンク

坂口涼太郎のトレードマーク

一度見たら、あれ誰?って名前を知りたくなりますよね⁈ 坂口涼太郎さんです。

 

ひょっこりはんに似た印象的なこのおかっぱ風の髪型を坂口さんはとても気に入ってるらしいですよ。高校のときのバイトの規則が髪は耳にかからないようにとなっていたので、美容師さんにお願いしたらマッシュルームヘアが出来上がったとか。

坂口さんは「最初は”事故”的な感じだったのですが、そこからオーディションに受かり始め、今では自分に一番似合う髪形だと自負しています。」と公言しています。

スポンサーリンク

坂口涼太郎はイケメン俳優並みのクセメン!

花王のCMでイケメン俳優陣に交じってひときわ目立つ存在感の坂口涼太郎さんです!クセの強い俳優さんの代表格になりました!

松坂桃李さん、賀来賢人さん、間宮祥太朗さん、杉野遥亮さんに交じってひときわ印象深い演技で注目を浴びている坂口涼太郎さん出演の花王CMがこちらです。

 

スポンサーリンク

坂口涼太郎は実は多才!

坂口涼太郎さんは3歳からピアノを習い始め、今では自身で作詞作曲を手掛けた楽曲をピアノ弾き語りで動画配信しています。

高校生のとき、音楽の時間に一人ずつ発表する機会があって、その気持ちを歌にしたらみんなが感動してくれて、泣いてくれる人までいたそうです。それがきっかけでライブをするようになったのだとか。その頃から人を感動させるくらいのなかなかの歌唱力があったのですね。

 

どうでしたか?期待を裏切るくらいのシンガーソングライターぶりを発揮していますね!

坂口涼太郎さんの隣で歌っている詩担当の菊池銀河さんもうまいですよね!

 

坂口涼太郎さんは歌だけでなくダンスもなかなかの腕前らしく、小学3年生で観たミュージカル「キャッツ」に心動かされいろんなジャンルのダンスを習いました。

YouTubeに加藤諒さんとこんなダンスパフォーマンスをあげています。

坂口涼太郎さんはミュージカル「キャッツ」を観てから、まず踊りはやっておこうと中学生になると、ダンススタジオに通い始めたのです。17歳の時にオーディションに見事合格して、ダンス公演「戦争わんだー」にダンサーとして初舞台を踏みました。

踊りにのめり込んでいたら役者もやってみればと言われて2010年に映画「書道ガールズ‼わたしたちの甲子園」で俳優デビューとなりました。

NHKの朝ドラ「エール」でもお見合いシーンでちょこっと出演していました!

映画「私がモテてどうすんだ」では熱血漢の演劇部部長坂下役を演じています。

シンガーソングライター、ダンサー、俳優と多才な坂口涼太郎さんですね。

スポンサーリンク

坂口涼太郎の肩書は?

坂口涼太郎さんはこれまでにあまりいなかったタイプの役者さんです。クセメン俳優として風変わりな役どころが多かったですよね。

映画「ちはやふる」シリーズではヒョロこと木梨浩役で個性的なキャラクターを好演し、高い演技力が注目されました。

ドラマ「ランチ合コン探偵」では鈴木龍之介役でこれも個性派俳優と呼ばれるくらいの強い印象を残しました。まさにクセメン俳優さんです。

坂口涼太郎さん自身は、何をやるかのジャンルは関係なく、出会った人に求められたことを ”自分の身体を使って表現する” ズバリなんでもこなせる ”表現者” を目指しているらしいのです。

スポンサーリンク

坂口涼太郎プロフィール

  • 本名:坂口涼太郎
  • 生年月日:1990年8月15日
  • 身長:171㎝
  • 血液型:B型
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 所属事務所:キューブ
  • 主な出演作品:映画「ちはやふる上の句」「ちはやふる下の句」「ちはやふる‐結び‐」

ドラマ「ランチ合コン探偵 〜恋とグルメと謎解きと〜」他多数

スポンサーリンク

坂口涼太郎はひょっこりはん似の髪型でクセメン度倍増!まとめ

坂口涼太郎はイケメン俳優たちのなかに入っても負けない強烈な個性で記憶に残る俳優さんです。

今のところは、まだ脇役としての役どころが多いですが、今後はミュージカルや舞台で歌やダンスを披露してくれるかもしれません!

歌手、ダンサー、俳優となんでもこなせる表現者を目指して頑張ってほしいですね。

今回は「坂口涼太郎はひょっこりはん似の髪型でクセメン度倍増!」と題して紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント